炭酸パックが自宅で手作りできたらどうでしょうか?
こちらでは簡単にできる炭酸パックの作り方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
・重曹…小さじ2
・クエン酸…小さじ2分の1
・精製水…50ml
・グリセリン…小さじ2
・キサンタンガム…小さじ2分の1

キサンタンガム以外は、薬局やドラッグストアで簡単に手に入るものばかりです。
キサンタンガムも、楽天に普通に売ってます。

お店によっては「手作り炭酸パック」の材料がまるごとセットになってる場合もあるのでそれを利用するのもアリですが、何度も作るのなら、それぞれ揃えた方が安くなります。

1. 小さなボウルに計っておいたグリセリンを入れ
   キサンタンガムを少しずつ加え、溶かしていく。

2. 1に精製水を少しずつ加え、よく混ぜる。

3. 2に重曹を加え、ジェル状になるまで混ぜる。

4. 使う直前に、3にクエン酸を混ぜると
  炭酸が発生するので、軽くゆっくり混ぜる.。

5. 混ぜすぎると炭酸が飛ぶので、
  軽く混ぜたら、ヘラなどを使って顔に塗り
  そのまま20分ほど放置した後、洗い流す。

コツは「少しずつ混ぜること」ですね。
「○○を加え」と書いてある部分は全て「○○を少しずつ加え」というように考えて良いと思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする